マウスピースが使われる

気になっている部分を治そう

ワイヤーのように、歯に装着して目立つことはありません。 歯を矯正したいけれど、周囲に矯正していることを知られるのが嫌だと感じている人はマウスピースを選択してください。 歯並びの状態によって、新しいマウスピースを制作します。 使い捨てにできるので、衛生的でもあります。

見た目が気にならない部分

従来の方法では、ワイヤーを使って歯並びを治す方法が主流でした。
しかしそれでは口を開けた時に見えるので、見た目が悪いことを気にしている人が多いです。
しかしマウスピースを使うことで、周囲に気づかれにくいというメリットがあります。
ストレスもなく、歯並びの矯正中でも気軽に知り合いに会うことができるでしょう。
また、使い捨てにできるマウスピースもあります。
そのおかげで、いつでも清潔な口内を維持できますね。

マウスピースは、外すこともできます。
食事の時だけ外せるので、ストレスなく食事を楽しめる面がメリットです。
また歯を磨く時も、マウスピースを外すことですべての部分の汚れを落とせるでしょう。
マウスピースを付けたままにしていると、細かい部分まで磨けないので虫歯のリスクが高まります。
食事や歯磨きが終わった後は、しっかり装着し直してください。
装着方法を間違えると歯を矯正できませんし、変な歯並びになってしまう可能性があるので注意しましょう。

マウスピースを外して生活できると言っても、1日に装着しなければいけない時間が決まっています。
毎日20時間以上は、マウスピースを付けるように意識してください。
それ以下の時間になると、正しい効果を発揮できません。
また歯並びの状態によっては、マウスピースを使えない人もいます。
自分が使用できるのか、医師に相談してから実践してください。
できないと言われたら、別の方法で矯正しましょう。

食事の時は外しても良い

マウスピースを装着したままでは、食事をしにくいかもしれませんね。 また歯磨きの時に、歯を隅々まで磨けないので口内環境が汚くなることを気にしている人が見られます。 しかしマウスピースは、自分の意思で着脱できます。 それらの時は外して、終わったら再び装着しましょう。

1日に付ける時間が長い

指定された時間はマウスピースを装着できるように、時間を計算して外すか決めてください。 装着する時間が短いと、マウスピースの効果を発揮できずこれまでの努力が無駄になってしまいます。 またマウスピースは、誰でも使用できる方法ではないと覚えておきましょう。